特別セッション(ワークショップ)
2017年5月28日 更新 



特別セッション(ワークショップ) 終了(2017/5/28)New
ワークショップは終了しました。
関係の皆様に感謝申しあげます。

特別セッション(ワークショップ)の連絡先(2017/5/23)
ワークショップの事務局のアドレスは下記の通りです。
sigisejimu(アット)gmail.com
 ※(アット)を@に変えて下さい。
なお,上記のアドレスは,フォーラム事務局とは異なります。
ご注意ください。

特別セッション(ワークショップ)の今後(2017/5/9)
特別セッション(ワークショップ)の今後は,下記を予定しています。
Phase1:プログラミングの現実的諸相:「初めての・・・」を開催
Phase2:プログラミングの将来的諸相:「AI時代の・・・」を開催
Phase3:プログラミングの変革的諸相:「次世代の・・・」を開催
詳しくは関係の文献(情報学教育ポータルサイト)を参照願います。


特別セッション(ワークショップ)の受付終了(2017/4/28)
参加申込の受付は終了しました。
皆様のご理解とご協力に感謝申し上げます。
参加のためには事前登録が必要です。
当日の参加受付はありません。
あらかじめ,ご了承願います。



特別セッション(ワークショップ)の参加申込(2017/4/2)
4/3〜4/28の期間で,ワークショップの受付を行います。
期間内でも定員に達ししだい,受付を終了します。
参加申込(事前登録)のない場合は,入場できません。
なお,当日の参加受付はありません。
あらかじめご了承願います。

日 時

2017年5月28日(日)10:00〜12:10(予定)

場 所

滋賀大学教育学部 ※詳細は申込者にお知らせします。

内 容

小学校におけるプログラミング教育

対 象

現職教員(小学校教諭)等

10:00

開会 横山成彦 特別セッション・コア委員長 ※司会

10:05

挨拶 渡部雅之 滋賀大学教育学部 学部長

10:10

説明 松原伸一 滋賀大学 教授(教職大学院)

    小学校におけるプログラミング教育の在り方

10:30

(休憩・準備・移動)

10:40

ワークショップ

ワークショップ1

ワークショップ2

内容

はじめてのScratch

小学校教育にて有望とされるビジュアル
プログラミング言語Scratchを用いて,プ
ログラミングの基礎を学びます。

はじめてのプログラミング授業

「Hour of Code」の教材を体験しながら,小学校でどのようにプログラミング授業を導入していけば良いかを学びます。

担当

右田正夫
滋賀大学 教授

稲川孝司
大阪府立東百舌鳥高校 講師

場所

申込者にお知らせします。

申込者にお知らせします。

12:00

ワークショップ終了,修了証の授与

12:10

閉会 ※運営委員長


参加申込の方法 ※PDFファイルはここから

・参加申込は,ここをクリックしてお申込み下さい。

・特別セッション(ワークショップ)は,完全予約制全席指定です。

・当日の参加申込の受付はありません。事前の参加申込が必須です。

・参加申込の期間は4/3〜4/28ですが,定員になり次第,締め切ります。
・参加申込のサイト  https://goo.gl/forms/wFc9VpuRLIn51iz12


 Information Studies Education Forum
Matsubara Lab. Faculty of Education, Shiga University

©2017 SIG_ISE (Special Interest Group on Information Studies Education)