情報学教育研究会(ISE研)について

 本研究会の前身は,2002年3月16日に発足した「情報科教育法研究会(JK研)」(代表:松原伸一)である。JK研は,情報科教育の発展に向けて活動を続け,このメンバーが中心になり,多くの協力者を得ることにより,『情報科教育研究U:教科「情報」の実習事例』(開隆堂出版)を2003年9月3日に発行した。
 情報科教育は,2003年度より年次進行で実施されたが,2年を経過した時点で,教育課程改訂の時期を迎えることになった。代表の松原は,2005年8月8日に文部科学大臣より中央教育審議会専門委員の任命を受け,教育課程の改訂に関わることになる。
 各教科を専門とする教科教育学会は,多くの教科で設置されているにもかかわらず,情報科を専門とする教科教育の学会がないため,一定の見解を集約したり,学術的な支援を行ったりすることができないという状況を解決するため,JK研としては,日本情報科教育学会(2007年12月23日設立)の発足に加わることとし,JK研は事実上休止した。
 その後,情報科教育は情報学教育としての機運を生じ,高等学校の新しい学習指導要領は,2009年3月に告示され,教科「情報」の学習指導要領解説は,2010年1月29日に文科省のWebページにおいて公表された。
 情報学教育研究会(ISE研)は,高等学校のみならず,学校教育における一貫した教育課程を実現させるため,研究者および教育者を中心に,関心をもつ人に広く開く形で組織する。現時点では規定は特に設けないが,関係機関と協力し実質的に活動を行うことを抱負としたい。皆様のご支援とご協力を賜れば幸いである。

2010年3月1日

情報学教育研究会(ISE研) 代表 松原伸一

情報学教育研究会のホームページへ戻る