ISE_News: Information Studies Education News
教職実践のためのWebコンテンツを活用した情報学教育研修カリキュラムの開発

(2019年2月20日 更新 



  
 ISE_News
情報教育ニュース

  
 研究会等    ワーキング
 ・情報学教育研究会SIG_ISE    ・用語解説・概念整理WG(WG_TER
 ・教育情報化推進研究会SIG_EEP    ・教職実践特別ワーキング(WG_PTC
 ・情報学教育フォーラムISEF    ・教員研修特別ワーキング(WG_TTP
 ・特別セッション(ISES    ・特別・企画ワーキング(WG_SPL
 情報学教育ポータルサイト(ISEPS
AGAA環境(AGAA)
ICT超活用(UltraICT
情報学・次世代教育サイト(NGE
   情報教育研究会(SIG_ISE
一般用:Twitter(公式)アカウント @sigise
Web閲覧 https://twitter.com/sigise/
   デオ騎士リボ拡散DNA_DKRK
一般用:Twitter(公式)アカウント @DKRK_1
Web閲覧 https://twitter.com/DKRK_1/
 
   用語解説概念整理IseTerm
一般用:Twitter(公式)アカウント @iseterm
Web閲覧 https://twitter.com/iseterm/
   ICT超活用UltraICT
Web閲覧 ここから
 



情報教育研究2019 第10号が発行
(2019/2/20) New
ここをクリック
現時点ではパスワードが必要です。
一定期間をおいて一般公開されます。


AGAAのサイトが始動しました。
(2019/2/12) New
ここをクリック



情報教育メールニュース
(2019/1/31) New

【ISE_Mail_News #49】
========================
  情報学教育メールニュース(通算49号)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  EEP-Newsletter 第10号(通算15号)の発行ほか
========================

関係の皆様
 情報学教育研究会,及び,教育情報化推進研究会
からのお知らせです。前々号より通算号を付して,
お届けしています。

1.EEP Newsletter 第10号(通算15号)が発行
 下記サイトにて公開されました。
 http://www.mlab.sue.shiga-u.ac.jp/news/

2.今後の発行物の公開について(2018年度)
 情報学教育研究会,及び,教育情報化推進研究会
では,今年度(2018年度)の今後の発行物の公開は
下記の通りです。Webサイトには一定期間を置いて
アップされます。
 ・EEP_Newsletter 10号
   発行日:2019年1月22日
   公開日:同上
 ・情報学教育論考第5号(通算14号)
   発行日:2018年12月28日  (パスワード有り)
   公開日:発行から1か月後 (パスワード無し)
 ・情報学教育研究2019(通算15号)
   発行日:2019年2月を予定  (パスワード有り)
   公開日:発行から1か月後 (パスワード無し)



情報教育論考 第5号(通算14号)が一般公開
(2019/1/28) New
ここをクリック
発行から一定期間が経過しましたので
一般公開となりました



EEP Newsletter 第10号(通算15号)が発行
ここをクリック

(2019/1/24) New


新企画AGAAのポータルサイト
(All Generations Arts Activities)

間もなく公開します。
(2019/1/18) New


情報教育メールニュース
(2018/12/31)

【ISE_Mail_News #48】
========================
  情報学教育メールニュース(通算48号)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  情報学教育論考第5号(通算14号)の発行ほか
========================

関係の皆様
 情報学教育研究会,及び,教育情報化推進研究会からの
お知らせです。前号より通算号を付してお届けしています。

1.情報学教育論考第5号(通算14号)の発行について
 発行に合わせ,一定期間を置き,下記サイトにて公開の
予定です。http://www.mlab.sue.shiga-u.ac.jp/isef/

2.新企画:AGAAの始動に伴い,ポータルサイトを開設
 教育情報化推進研究会では,情報学教育研究会と連携し,
新企画AGAA(All Generations Arts Activities) を提案
しています。
 2019年度から始動を予定してAGAAポータルサイトを開設
しました。これは,全世代が参加可能な広義の芸術活動を
意味し,ICT超活用の環境をベースに展開いたします。
 名称,及び,略称は,次の通りです。
【和名】全世代参加型広義芸術活動 ・・・・・(芸活)
【英名】All Generations Arts Activities ・・(AGAA)

3.今後の発行物について(2018年度)
 情報学教育研究会,及び,教育情報化推進研究会では,
今年度(2018年度)の今後の発行物は下記の通りです。
 ・EEP_Newsletter 10号(通算 11号)2019年 1月 予定
 ・情報学教育研究2019 (通算 15号)2019年 2月 予定

【Twitter公式アカウントの開設について】
 現在,試験的な運用を行っております。2019年度初頭を
目途に本格的な運用の予定です。現在も今後も「鍵付き」
の運用ですので,フォローリクエストをお願いします。
 ・情報学教育研究会(非会員・一般用) @sigise
 ・情報学教育_用語解説・概念整理(公式) @iseterm
 ・DNA_デオ騎士リボ拡散(AGAA公式) @DKRK_1



情報教育論考 第5号(通算14号)が発行
(2018/12/28)
ここをクリック
現時点では
パスワードが必要です。
一定期間をおいて一般公開されます。


情報教育メールニュース
(2018/12/23)

【ISE_Mail_News #47-2】
===============================
  情報学教育メールニュース(通算47号 第2版)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  ICT超活用,Twitter公式アカウントの開設,AGAAについて
===============================

関係の皆様
 情報学教育研究会,及び,教育情報化推進研究会からのお知らせ
です。今後は,標記の通り,通算番号を付してお届けします。

1.情報学・次世代教育の具体的なカタチ:「ICT超活用」サイト
 http://www.mlab.sue.shiga-u.ac.jp/ultraict/

 情報学教育研究会では,教育情報化推進研究会と連携し,情報学
教育の未来形(次世代教育)として,ICT超活用を提案し,サイトを
開設しました。
 ここで,ICT超活用とは,人間性への回帰をテーマに,
 @感性に響く,A理性に届く,B知性に繋ぐ,を視野に入れて,
現状を超え,視野を超え,機会を超えて,従来の活用範囲を超える
ことを標榜するものです。皆様のご理解とご協力を賜れば幸いです。

2.Twitter公式アカウント(3つ)の開設について
 情報学教育研究会では,教育情報化推進研究会の協力を得て,
ICT超活用の一環として,Twitter公式アカウントを開設し,試験的
運用を行っております。現在も今後も「鍵付き」での運用となりま
すので,遠慮なくフォローリクエストをお願いできれば幸いです。
 情報学教育研究会(非会員・一般用) @sigise
 情報学教育_用語解説・概念整理(公式) @iseterm
 DNA_デオ騎士リボ拡散(AGAA公式) @DKRK_1

3.新企画:AGAAの展開
 教育情報化推進研究会では,情報学教育研究会と連携し,新企画
AGAA(All Generations Arts Activities)を提案します。これは,
全世代に優しい広義の芸術活動を意味し,「New Liberal Arts」を
指向し,それを支える環境(情報システム,社会システム)を提案
します。ここで,AGAAの視野は,現在のところ,
 Mathematical Arts, Literary Arts, Musical Arts, Fine Arts,
Performance Arts, Industrial Arts, Liberal Arts, Media Arts,
などの多様なアーツとしています。

4.今後の発行物について(2018年度)
 情報学教育研究会,及び,教育情報化推進研究会では,今年度の
発行物(今後)は,下記の通りです。
 ・情報学教育論考第5号(通算 14号)2018年12月(予定)
 ・EEP_Newsletter 10号(通算 11号) 2019年 1月(予定)
 ・情報学教育研究2019(通算 15号) 2019年 2月(予定)



情報教育研究 2018(第4版)が公開
(2018/11/27)
ここをクリック


ICT活用のサイトが創設・公開
(2018/11/18)
ここをクリック


ISE_MailNews_20181016_e02
情報教育研究会から「青春18‐KIPPO」 (吉報)
      ※来年3月16日に “18年め” を迎えるにあたり「吉報」をお届けします。

1. ISEFニューズレター第5号(通算14号)の発行
 第1の話題として高島氏(弁護士,本研究会理事)に講演とラウンド
テーブルをご担当いただき「法と情報メディア」を展開。第2の話題と
して「ICTの超活用」の展開も行いました。

2. Twitterの公式アカウントを3つ開設し,本格的な運用を始めます。
 情報学教育研究に関係して,Twitterの公式アカウントを3つ開設し,
試験運用期間を経て,本格的に活動を始めます。
 それぞれのTwitterのアカウントは下記の通りです。
 
(1) 情報学教育研究会(@sigise) https://twitter.com/sigise
    本研究会からの連絡・案内など
 
(2) DNA_デオ騎士リボ拡散(@DKRK_1) https://twitter.com/DKRK_1
    AGAA (All Generations Arts Activities)の広報
 
(3) 情報学教育_用語解説(@iseterm) https://twitter.com/iseterm
    本研究会の「用語解説・概念整理ワーキング」の広報

3. ICTの超活用について
 これは,次の3つのPhaseで構成されます。
  
#1: 感性に響く → Info-Arts
  
#2: 理性に届く → Info-Ethics
  
#3: 知性に繋ぐ → Info-Science
 また,その内容は,
  1次元分野:音楽・楽曲,DTM
  
2次元分野:イラスト,アニメ絵
  
3次元分野:身体表現,ダンス
  
4次元分野:メディアアート,インターメディア
の各分野のインテグレーションを目指し,
AGAA(All Generations Arts Activities)環境を構築します。

主なWebサイト,及び,連絡先は下記の通りです。
・情報学教育ポータルサイト
 http://www.mlab.sue.shiga-u.ac.jp/iseps/
・情報学教育ニュースサイト
 http://www.mlab.sue.shiga-u.ac.jp/news/
・情報学教育研究会(連絡先)
 sigisesec@gmail.com  総務
 sigisejimu@gmail.com 広報
 mtr@edu.shiga-u.ac.jp 研究



ISEFNewsletter第5号(通算14号)が発行
(2018/10/12)
Version 2.3 が発行されました。 ここをクリック


デオ騎士リボ拡散のフォローについて
(2018/7/11)
デオ騎士リボ拡散(@DKRK_1)はAGAAのTwitter公式アカウント
当分の間は「鍵付き」の運用とし,
フォローリクエストが一定数に達する毎に,
許可いたします。
関心をお持ちの方は,
早めの
フォロー・リクエストをお勧めします。


新企画AGAAが始まります
(2018/7/2)
AGAA(All Generations Arts Activities)とは,
Fine Arts, Industrial Arts, Liberal Arts, Media Arts など
多様なアーツについて、
全ての世代に有意義なリテラシーのステージとして、
情報メディアの未来形を提案します。


AGAA_DNA(デオ騎士リボ拡散)
(2018/7/2)

これは,AGAA(一般用)のTwitter公式アカウントで,
まもなく公開の予定です。
AGAA(All Generations Arts Activities)は
全ての世代(K-all)に優しい広義の芸術活動を意味し、
それを支える環境(情報システム、社会システム)を提案。
皆が連携して
素敵なアーツ(絵、アニメ、詩、曲など)を
簡単に創作できるように。
DKRK_DNA(デオ騎士リボ拡散) は
アーツの DNA となって配信いたします。


Twitter公式アカウント制限について
(2018/7/2)
新企画AGAAの開始に伴い,組織の拡大のため
研究会(一般用):Twitter公式アカウント(@sigise)では,
人数制限(30名程度)を設けます。
ご理解とご協力をお願いします。


フォーラム終了しました。
(2018/5/28)

議長から

2018年5月27日(日)に大阪学院大学にて開催されました。
この度のフォーラムでは,
弁護士(情報学教育研究会理事)の
協力を得て実現できました。
講演(情報メディア教育における法律面でのポイント)に続き,
ラウンドテーブルでは,
学校教育における
「いじめと法」
などの法律的な諸課題,
「ICTの活用」などの事例,
多岐にわたる内容となりました。
ご協力に際し関係の皆様に感謝を申し上げます。

今後の活動
今後の活動としましては,
「用語解説・概念整理WG」「特別・企画WG」などの
4つのワーキングが,引き続き活動を行います。

著作物の発行
新ルネサンス人間性への回帰)を基本理念とし
小中高における情報学教育の未来形として
#1:感性に響く・・・
#2:理性に届く・・・
#3:知性に繋ぐ・・・
情報学・次世代教育を構想し,
新しいメディア教育の展開を
著作物として発行する予定です。


フォーラムのプログラム(確定版)
(2018/5/26)
PDFファイルは,ここから

第5回情報学教育フォーラム
プログラム
日 時:2018年5月27日(日)13時〜17時(予定)
場 所:大阪学院大学(大阪府吹田市岸辺南2-36-1)
    2号館 02-B1-03 教室
    http://www.osaka-gu.ac.jp/students/campus/
テーマ:情報学教育の新ルネサンス:人間性への回帰
    〜情報メディア教育の未来形〜
対 象:テーマに関心を持つ方
(この度はラウンドテーブルのため少数に限定)
    ※申込受付は既に終了しています。
     当日の参加受付はありません。



特別・企画ワーキングについて
(2018/5/24)

れからは全てが加速する時代です。
従いまして,今までの成果を引き継ぐとともに
次世代を視野に入れた先進的な研究を
引き続き行うために
抜本的・根本的・根源的に新しい展開を
進取の気性にて進めます。
このワーキングは,そのエンジンに相当します。
関心をお持ちの方は下記までご連絡ください。
なお,本研究会より委嘱のお願いをすることがあります。
その際はよろしくお願いします。

本ワーキング担当→ sigisesec(アット)gmail.com
(アット)は@に変更してください。



ワークショップフォーラムのお知らせ
(2018/5/7)

ワークショップ
受付は終了しました。
【概要】
日時 2018年5月27日(日)10時30分〜11時30分(予定)
場所 大阪学院大学(大阪府吹田市岸辺南二丁目36番1号)
集合 2号館の受付まで
テーマ Twitterのログインから情報安全のための基礎知識
講師 望月翔平 ※本研究会 理事
定員 10名程度(予定)
先着順で受付。定員になり次第受付を終了します。
なお,期限後は,定員に関係なく受付を終了します。
当日の参加受付はできません。

第5回情報教育フォーラム
受付は終了しました。
【概要】
日時 2018年5月27日(日)13時〜17時(予定)
場所 大阪学院大学(大阪府吹田市岸辺南二丁目36番1号)
会場 2号館 02-B1-03 教室
テーマ 情報学教育の新ルネサンス:人間性への回帰
〜情報メディア教育の未来形〜
参加費 無料(完全事前予約制)。定員に達すれば受付を終了します。
当日の参加受付はありません。定員80名程度。
【プログラム】
13:00 開会宣言と挨拶 齋藤 実 ※実行委員長
13:10 関係者挨拶 松原伸一 ※議長
     横山成彦 ※会場校担当責任者,運営委員長
13:20 講演
高島 惇 弁護士(法律事務所アルシエン) ※理事
演題:法と情報メディア(仮)
13:50 趣旨説明 議長
14:00 休憩(15分)
<ラウンドテーブル>司会:齋藤 実 ※理事
14:15 第1セッション(法と情報メディア)
コーディネイター:高島 惇 弁護士(法律事務所アルシエン)
15:25 休憩(15分)
15:40 第2セッション(ICTの超活用,感性に響く情報メディア)
コーディネイター:横山成彦 ※運営委員長
16:50 まとめとお知らせ 望月翔平 ※実行副委員長
17:00 終了


第5回情報教育フォーラム(速報)
(2018/5/1)
第5回情報学教育フォーラム まもなく受付開始
この度のフォーラムは,今までを経緯を引き継ぐとともに
新たに「感性に響く情報メディア教育」をテーマの1つに掲げ
学校における教育実践に向けて支援して参ります。
また,法と情報メディアでは,専門家の協力を得て,
進めてまいります。


Twitter(公式)アカウントについて


フォロワー数の制限について(2018/4/23)
フォローどなたでも可能ですが,
既に,定員の下限に達しましたので許可制に移行しています。
ご希望の方は,早めのフォローをお勧めします。
現在,先進的な企画・運用中のため
当分の間,
フォロワー数少数に限定しています
全体の定員:20名〜100名以内
本格運用に進めば,制限を設けない予定です。


フォローについて(2018/4/19)
現在,フォローは本研究会の会員・非会員に関係なく可能です。
ただし定員に達した場合は,会員・非会員に関係なく
許可制に移行します。
ご希望の方は,早めのフォローをお勧めします。
現在,先進的な運用の企画中のため,試験的な運用をしています。
そのため当分の間,
フォロワー数少数に限定いたします
非会員の定員:20名以内,全体の定員:100名以内


Twitter(公式)の運営方針について(2018/4/19)
Webサイトと並行し,下記を中心に最新情報を迅速にお伝えします。
#ハカセの呟き
本会役員の呟きを抜粋・編集して発信します。
#情報学教育
本研究会のお知らせなどの情報を発信します。
#情報学・次世代教育
新たな視点で情報学教育の未来形について発信します。
#感性に響く情報メディア教育
教育の新ルネサンス:芸術とプログラミングについて発信します。
〜プログラミング教育の未来形〜



Twitter(公式)が開設されました(2018/4/19)
このサイトでは,Twitter(公式)と連携し,
関係する研究会やワークショップ等に関する情報を
情報メディアを超活用して発信してまいります。


研究会について


研究会関係者のフォローについて(2018/4/28)
研究会関係者の皆様へは,今まで通り,メールにてお知らせをお送りしています。
フォローは(この度の制限に関係なく)可能ですので,
その際には事務局にご連絡ください。
(関係者専用も準備中)


情報教育研究会(SIG_ISE)への入会について(2018/4/19)
既に定員に達しているため,新入会の受付を終了しています。
会員・非会員に関係なく,本研究会が主催する企画に参加可能です。
参加費無料。完全事前予約制です。
定員に達ししだい受付終了となります。
なお,当日の参加申込はできません。
(参考)入会金・会費無料,詳細は研究会サイトを参照願います。



ISE_NewsInformation Studies Education News

©2018 SIG_ISE (Special Interest Group on Information Studies Education)