【お知らせ】
(2020年4月6日)
このサイトは,一定期間をおいて 新サイト に完全移行します。
最新版は新サイトにあります。
新サイトに移動する




重要なお知らせ
(2019年7月25日 更新 
このフォーラムは,情報教育フォーラムに進化し
Virtual Forum として新たな可能性を追求します。

前身の研究会発足から18年周年を記念し,
新しく 「
情報教育ニュースサイト」 を構築しました。

利用者の便宜を図るため,関係の情報は,
下記のニュースサイトに集約されます。

情報学教育ニュースサイトへ移動


感性に響け Vフォーラム

Vフォーラム(第1回)を開催(2019/5/16)
2019年5月25日(土) 21時から翌2時まで
Twitter 公式アカウント(@DKRK_1)をメインステージにして
詳細は,こちらから


情報教育ニュースサイトの新設
情報教育ニュースサイトが構築され,
既に発信をしています。
今後は,情報学教育に関係のニュースの全ては,
このニュースサイトに掲載されます。
あわせて閲覧をお願いします。
ここをクリック


情報教育論考第5号発行(2018/12/28)
ここをクリック
2018/12/28に発行(パスワード設定)されています。
一定期間をおいて一般公開の予定です。



フォーラム終了しました。(2018/5/28)New

議長から

2018年5月27日(日)に大阪学院大学にて開催されました。
この度のフォーラムでは,
弁護士(情報学教育研究会理事)の
協力を得て実現できました。
講演(情報メディア教育における法律面でのポイント)に続き,
ラウンドテーブルでは,
学校教育における
「いじめと法」
などの法律的な諸課題,
「ICTの活用」などの事例,
多岐にわたる内容となりました。
ご協力に際し関係の皆様に感謝を申し上げます。

今後の活動
今後の活動としましては,
「用語解説・概念整理WG」「特別・企画WG」などの
4つのワーキングが,引き続き活動を行います。

著作物の発行
新ルネサンス人間性への回帰)を基本理念とし
小中高における情報学教育の未来形として
#1:感性に響く・・・
#2:理性に届く・・・
#3:知性に繋ぐ・・・
情報学・次世代教育を構想し,
新しいメディア教育の展開を
著作物として発行する予定です。


フォーラムのプログラム(確定版)(2018/5/26)
プログラム(確定版)PDFはここから

第5回情報教育フォーラム プログラム
日 時:2018年5月27日(日)13時~17時(予定)
場 所:大阪学院大学(大阪府吹田市岸辺南2-36-1)
    2号館 02-B1-03教室
    http://www.osaka-gu.ac.jp/students/campus/
テーマ:情報学教育の新ルネサンス:人間性への回帰
    ~情報メディア教育の未来形~
対 象:テーマに関心を持つ方
    ※ラウンドテーブルのため,少数に限定しています。
    ※申込受付は既に終了。当日参加はできません。


開会

13:00

開会 齋藤 実

情報学教育フォーラム 実行委員長 ※司会

挨拶 関 係 者

議長,研究会役員等

講演

13:20

講演 高島 惇 法律事務所アルシエン 弁護士 ※理事
情報メディア教育における法律面でのポイント

13:50

休憩・準備

ラウンドテーブル

14:15

※1
※2
高島 惇 法律事務所アルシエン 弁護士 ※理事
横山成彦 大阪学院大学高校 教諭 ※運営委員長,事務局長
※3 メンバー 前迫孝憲,齋藤 実,春日井優,稲川孝司,
望月翔平,片山史啓,松原伸一 など

※1はコーディネーター,主に,S1を担当

※2はコーディネーター,主に,S2を担当

※3はラウンドテーブル・メンバー,研究会役員等

話題(テーマ)につきましては,既にセッションとして,S1:法と情報メディア,S2:ICTの超活用,などを設けております。

これらを中心に,ほかにも多様な課題を取り上げて,ラウンドテーブルにて討論を行います。

進行は司会者の指示によりますが,議長など役員の方から適宜,情報提供・意見提示などを行います。

参加者(傍聴者を含む)は司会者に従い意見表明が可能です。

16:15

休憩・準備(15分)

報告とお願い

16:30

担当 松原伸一 情報学教育フォーラム議長

KP1

情報学教育に関わる今後の活動について

情報メディア教育の「新ルネサンス」:人間性への回帰

 新しいLiberal Artsとして

 ・感性に響く → 情報メディアと芸術(FA)

 ・理性に届く → 情報メディアと倫理(AE)

 ・知性に繋ぐ → 情報メディアと科学(IS)

  ↓

 ICTの活用

KP2

より充実した活動を行うために

・組織の在り方

・運営の在り方

・その他

まとめとお知らせ

16:50

閉会 望月翔平 情報学教育フォーラム 実行副委員長

17:00

終了



ワークショップフォーラムのお知らせ(2018/5/7,5/9)
2018年5月27日(日)の午前中にワークショップ,午後にフォーラムを開催
参加申込は,ワークショップフォーラムで個別に行う必要があります。

特別セッション:ワークショプ
参加申込  ワークショップへの参加申込は,ここから ※ワークショップへの参加申込です。
日時 2018年5月27日(日) 10時30分~11時30分(予定)
場所 大阪学院大学(大阪府吹田市岸辺南二丁目36番1号)
会場 2号館 ※受付へお願いします。
テーマ Twitterのログインから情報安全のための基礎知識
定員 10名程度(予定)
参加費 無料
その他 先着順で受付。定員になり次第受付を終了します。
なお,期限後は,定員に関係なく受付を終了します。
当日の参加受付はできません。
第5回情報教育フォーラム
参加申込 フォーラムへの参加申込は,ここから ※フォーラムへの参加申込です。
日時 2018年5月27日(日) 13時~17時(予定)
場所 大阪学院大学(大阪府吹田市岸辺南二丁目36番1号)
会場 2号館 02-B1-03教室
テーマ 情報学教育の新ルネサンス:人間性への回帰
~情報メディア教育の未来形~
定員 ラウンドテーブルのため,少数に限定。 ※例年の定員とは異なります。
参加費 無料
その他 先着順で受付。定員になり次第受付を終了します。
なお,期限後は,定員に関係なく受付を終了します。
当日の参加受付はできません。
プログラム
12:30 受付
13:00 開会宣言     実行委員長
13:10 関係者挨拶    議長
         会場校担当者,運営委員長
13:20 講演       高島 惇 弁護士(法律事務所アルシエン)
13:50 趣旨説明     議長
14:00 休憩(15分)
ラウンドテーブル 司会:齋藤 実
14:15 第1セッション:法と情報メディア
コーディネーター 高島 惇 弁護士(法律事務所アルシエン)
15:25 休憩(休憩15分)
15:40 第2セッション:ICTの超活用:感性に響く情報メディア教育
コーディネーター 運営委員長
16:50 まとめとお知らせ 実行副委員長
17:00 終了



情報教育ニュース(ISE_News)サイトができました。(2018/4/19)
ここをクリック


情報教育研究2018が発行(2018/2/12)
第2版を公開しました。(2018/3/5)
第3版を公開しました。(2018/4/10)
第4版が公開されました。(2018/11/27)
ここをクリック


情報教育論考第4号一般公開(2018/1/28)
ここをクリック
2017/11/28に発行(パスワード設定)されていますが,
本日より一般公開となりました。どなたでも閲覧可能です。





EEPニューズレター第9号が発行されました。(2018/1/17)
ここをクリック


発行予定のお知らせ(2018/1/11)
EEPニューズレター第9号,2018年1月
情報学教育研究2018,2018年2月
情報学次世代教育シリーズ #1:感性に響く情報メディア教育,2018年5月


情報教育研究2018の原稿募集(2017/12/11)
募集終了。皆様のご協力に感謝申し上げます。
(2017/12/25)
申込期限:2017/12/25 ←終了しました。
執筆要領・テンプレートはこちら
(執筆申込者にパスワードをお知らせしています。)


情報教育フォーラム議長よりご挨拶(2017/11/30)
※情報学教育論考 第4号よ

新たな指針(ポリシー)を求めて
情報学プログラミングの新しいカタチ情報メディア教育
ここをクリック


情報教育研究会(SIG_ISE)について(2017/11/28)
※情報学教育論考 第4号,奥付(最終頁)より

ここをクリック


情報教育論考第4号が発行(2017/11/28)
ここをクリック ※閲覧にはパスワードが必要です。
一定期間をおいて一般公開されます。
著者の皆様には,紙媒体をお送りいたします。
ディジタル版は,全ページに渡り,カラー対応となります。
紙媒体版は,表紙(表・裏)のみ,カラー印刷となります。




著書
情報学
次世代教育シリーズ 発行決定
(2017/11/28)
Project #1 感性に響く情報メディア教育
A5サイズ,120頁,2018年5月発行予定



情報学次世代教育サイトが創設(2017/11/28)
ここをクリック


感性に響く情報メディア教育の新しい展開(2017/11/28)
一部,先行配信します。ここをクリック



情報教育論考第4号の原稿募集(2017/9/4)終了しました。
詳細は,ここをクリック
申込期限:2017年9月29日(金)正午
原稿提出期限:2017年10月16日(月)正午
執筆要領(Wordファイル
執筆要領(PDFファイル


Rubyの開発者(まつもと氏)と対談(2017/7/20)
第4回情報教育フォーラムで情報学教育緊急会議が提案されました。
この度の対談はその一貫で,対談記事は「情報学教育研究2018」の発行に
先行して配信されました。(2017/8/26)
ここから閲覧できます。


ISEFニューズレター第4号発行(2017/7/10
第4回情報学教育フォーラムの速報とあわせて,
このISEFニューズレター第4号を参照願います。


第4回情報教育フォーラム 終了(2017/5/28)
第4回情報学教育フォーラムは,大盛況の中で,終了しました。
今回は,第1回と比較すれば,2倍以上の参加者となりました。
なお,フォーラムの最後にて,
情報学教育緊急会議を開催することとなりました。
詳細(速報)は,ここをクリックして下さい。
最後に,フォーラムにご協力をいただきました全ての皆様に
お礼を申し上げます。


第4回情報教育フォーラム 実行委員会(2017/5/25)
実行委員会委員のメンバーはここをクリックしてください。


第4回情報教育フォーラム
参加申込終了の再度お知らせ
(2017/5/23)
定員に達したため,参加申込の受付は既に終了しています。
参加申込(事前登録)のない方は入場できません。
当日の参加申込の受付はありません。
あらかじめ了承願います。


第4回情報教育フォーラム 概要(確定版) (2017/5/1)
この度のフォーラムでは,重要な課題(使命)として,
次世代を視野に入れた「
情報学教育ポリシー」について熟考します。

 日時 2017年5月28日(日)13:00~17:00 
 場所 滋賀大学教育学部(大津キャンパス)  大津市平津2-5-1
http://www.edu.shiga-u.ac.jp/doc/access_1.html
テーマ 次世代を視野に入れたinnovativeな情報学教育
 対象 教育・研究者,現職教員,その他関心のある者 
日程  13:00

13:05



13:15






15:00

15:10

15:20









17:00

開会 齋藤 実 情報学教育フォーラム 実行委員長

挨拶 位田隆一 滋賀大学 学長
   鹿野利春 文部科学省 教科調査官
   松原伸一 情報学教育フォーラム 議長

講演 小玉重夫 東京大学大学院教育学研究科 研究科長
        東京大学教育学部 学部長
         演題:カリキュラム・イノベーション

   竹村彰通 滋賀大学データサイエンス学部 学部長
         演題:データサイエンスと情報学教育

話題 岡本敏雄 日本情報科教育学会 会長 ※ビデオ出演

休憩(10分)

公開懇談会
説明 松原伸一 情報学教育フォーラム 議長
        「教育における諸課題」と「情報学教育ポリシー」

St-1 初等中等教育で育む情報学的素養
   鹿野利春 文部科学省 教科調査官 (メインキャスト)

St-2 次世代を視野に入れたinnovativeな情報学教育
   西端律子 畿央大学教育学部 教授 (メインキャスト)

閉会 音野吉俊 情報学教育研究会 副代表



参加申込の受付 終了(2017/4/30)
定員に達したため,参加申込の受付は,既に終了しています。


一般募集(受付) 終了 (2017/4/17)
参加申込は定員に達したため終了しました。
今後は,
現職教員限定枠(若干名)の申込のみとなります。
参加希望の方は,早めの申込をお勧めします。



参加申込状況 (2017/4/12)
現時点での申込状況は,定員の90%を超えました
申込開始後,10日が経過しましたが,
まもなく,締め切りとなる予定です。
参加希望の方は,早めの申込をお勧めします。



第4回情報教育フォーラム 参加申込 (2017/4/2)
フォーラムの参加申込は,ここをクリックしてください。
参加申込の受付期間は,4/3~4/28としていますが
定員に達ししだい,締め切ります。


第4回情報教育フォーラム 概要(更新) (2017/3/31)

 日時 2017年5月28日(日)13:00~17:00 
 場所 滋賀大学教育学部(大津キャンパス)  大津市平津2-5-1
http://www.edu.shiga-u.ac.jp/doc/access_1.html
 対象 教育・研究者,現職教員,その他関心のある者 
日程  13:00

13:05



13:15




15:00

15:10

15:20



17:00



開会 齋藤 実 情報学教育フォーラム 実行委員長

挨拶 位田隆一 滋賀大学 学長
   鹿野利春 文部科学省 教科調査官
   松原伸一 情報学教育フォーラム 議長
    :
講演 小玉重夫 東京大学大学院教育学研究科 研究科長
        東京大学教育学部 学部長
         演題:カリキュラム・イノベーション
   竹村彰通 滋賀大学データサイエンス学部 学部長
         演題:データサイエンスと情報学教育
話題 岡本敏雄 日本情報科教育学会 会長 ※ビデオ出演
    :
休憩(10分)

公開懇談会
説明 松原伸一 情報学教育フォーラム 議長 「教育における諸課題」
St-1 初等中等教育で育む情報学的素養
   鹿野利春 文部科学省 教科調査官 (メインキャスト)
St-2 次世代を視野に入れたinnovativeな情報学教育
   西端律子 畿央大学教育学部 教授 (メインキャスト)
閉会 音野吉俊 情報学教育研究会 副代表


※これは,現時点での概要です。今後,充実する方向で変更の予定です。 


※フォーラムの前(午前中)に特別セッション(ワークショップ)を開催
テーマ:小学校におけるプログラミング教育の先進的研究
~創造的想像のダイナミズム~

対象:現職教員(小学校等)



情報教育論考 第3号 が発行(2017/1/10)




ISEFニューズレター第3号発行されました。(2016/11/14)


情報教育ポータルサイトが新しくなりました。(2016/11/8)
ポータルサイトへは、ここから入れます。



第4回情報教育フォーラム (2016/11/1)

プログラミング教育の先進的研究
~創造的想像のダイナミズム~


2017年5月に開催予定です。
今までとは異なる視点から新しい工夫を加えて実施します。
ご案内(速報)は
2017年春の予定です。ご期待ください。


情報教育論考 第3号 の原稿募集(2016/10/31)

原稿募集は終了しました。(2016/11/16)

   ・冊子概要 発行:2016年12月を予定
配布:関係者・各関係機関に送付する。
発信:当フォーラムのサイトに掲載する。
  ・申込期限 2016年11月16日(水)正午,(厳守) → 終了しました。
  ・申込方法 第3回情報学教育フォーラム参加者を優先し,
先着順に受け付けます。
予定数を超えた場合は期限内でも受付を終了します。
申込は,メールにて事務局までお送り下さい。
メール件名は,「
執筆申込」として下さい。
メールの内容は,下記の通りです。
 1行目:氏名(所属)
 2行目:原稿のタイトル,サブタイトル
 3行目:執筆頁数
  ・原稿提出 2016年11月30日(水)正午,(厳守)
原稿は,メールにて事務局までお送り下さい。
メール件名は「
原稿提出」として下さい。
ピアレビュー制度の導入により掲載されない場合があります。
  ・執筆頁数 一般公募による執筆は1頁または2頁を原則とします。
  ・執筆要領 Wordファイル  PDFファイル



第3回情報教育フォーラム配布資料を公開(2016/6/1)
配布資料は,ここからダウンロードできます。


第3回情報教育フォーラム終了(2016/5/29)
参加の皆様,ご協力ありがとうございました。
今後は,
ISEFニューズレター 第3号の編集・発行にご協力願います。
また,
情報学教育論考 第3号も発行の予定です。
後日,上記の2件のご執筆について連絡させていただきます。



第3回情報教育フォーラム概要を掲載(2016/4/23)
開催日時:2016年5月29日 13時から, 場所:大阪学院大学
 ※プログラム概要は,ここから
参加申込の受付は,終了しました(2016/5/17)。
当日の参加申込はありません。
お申し込みのない場合,
参加はできません。

 情報教育フォーラム(ISEF New
 【第1回】 2015/5/31(日) 終了
(早稲田大学)
【第2回】 2015/10/18(日) 終了
(早稲田大学)
【第3回】 2016/5/29(日) 終了
(大阪学院大学)
  プログラム(概要) 終了 プログラム(概要) 終了 プログラム(概要) 終了
フォーラム実行委員会(名簿)  終了  実行委員会・編集委員会(名簿)終了 配布資料 New
初等中等教育に一貫した情報学教育に向けて  情報学教育の8つの課題(まとめ) 
 -  ソーシャルメディア社会の情報学教育
-  先行募集1(全高情研の皆さま) 終了 情報教育論考 
開催に際して 終了 先行募集2(高校関係者の皆様) 終了   情報学教育論考 1号(2015/10/18)
参加申込の方法 終了 一般募集(参加申込方法) 終了  情報学教育論考 2号(2016/2/1)
  ご案内(第1報) 終了 ご案内(第1報) 終了 情報学教育論考 3号(発行予定
  ご案内(第2報) 終了 ご案内(第2報)
情報教育の充実に向けて(第2版) 情報学教育の充実に向けて(第2版b) ISEFニューズレター
要旨(講演1 会場への入室について(資料1) ISEFニューズレター1号 (2015/7/14)
要旨(講演2 配布資料1~4 ISEFニューズレター1号 増補版(2015/8/1)
要旨(講演3 配布資料5 Ver.4 New ISEFニューズレター2号 (2015/12/20)
配布資料(Ver.3) ※P 配布資料6 ISEFニューズレター3号(発行予定
参加登録者の皆さまへ ※P 参加登録者の皆さまへ
懇談会について ※P 情報学教育ポータルサイト
第1回フォーラムのまとめ ※P  滋賀大学 松原研究室

   ※Pはパスワード1が必要です。 ※Lはパスワード2が必要です。※パスワード3が必要です。



情報教育論考 第2号 が発行(2016/2/1)
情報教育論考 第2号(Ver.2) になりました。(2018/1/4)




ISEFニューズレター 第2号 が発行
全ページ,カラー印刷となりました。(2015/12/20)


今後の情報教育フォーラムについて
2016年の情報教育フォーラムは,2016年春/初夏に開催予定です。
詳細が決まりしだいお知らせします。



情報教育論考 第2号 の原稿募集(終了)
募集は終了しました。ご協力ありがとうございました。(2015/11/28)

   ・冊子概要 発行:2016年2月を予定
配布:関係者・各関係機関に送付する。
発信:当フォーラムのサイトに掲載する。
  ・申込期限 2015年11月27日(金)正午 ← 終了しました。 
  ・申込方法 第2回情報学教育フォーラム参加者を優先し,
先着順に受け付けます。
予定数を超えた場合は期限内でも受付を終了します。
申込は,メールにて事務局までお送り下さい。
メール件名は,「
執筆申込」として下さい。
メールの内容は,下記の通りです。
 1行目:氏名(所属)
 2行目:原稿のタイトル,サブタイトル
 3行目:執筆頁数
  ・原稿提出 2015年12月25日(金)正午,(厳守)
原稿は,メールにて事務局までお送り下さい。
メール件名は「
原稿提出」として下さい。
ピアレビュー制度の導入により掲載されない場合があります。
  ・執筆頁数 一般公募による執筆は1頁または2頁を原則とします。
  ・執筆要領 Wordファイル  PDFファイル



情報教育論考 第1号発行(2015/10/18)




フォーラム・会議等 日程

情報教育フォーラム
ニューズレター第2号を発行

発行(2015/12/20)
A4サイズ,カラー版,4ページとなりました。
ご協力ありがとうございました。
   
情報教育論考 2015 第1号 発行(2015/10/18)
A4サイズ,表紙はカラー印刷としました。
第2回情報教育フォーラム  終了(2015/10/18,早稲田大学)
ご協力ありがとうございました。
情報教育検討会議(第2回) 終了(2015/8/3)
ご協力ありがとうございました。
情報教育検討会議(第1回) 終了(2015/7/18)
ご協力ありがとうございました。
情報教育フォーラム
ニューズレター第1号を発行
発行(2015/7/14)
A4サイズ,カラー版,6ページとなりました。
ご協力ありがとうございました。
情報教育検討会議(ワーキング) 終了(2015/6/21,滋賀大学)
参加募集を行いましたところ,すぐに定員に達しました。
ご協力ありがとうございました。
第1回情報教育フォーラム 終了(2015/5/31,早稲田大学)
公開による参加募集を行いましたが,2週間程度にて定員に達しました。
ご協力ありがとうございました。

 

情報教育フォーラムISEF

ISEFニューズレター
 【第1回】 2015/5/31(日) 終了 【第2回】 2015/10/18(日) 終了 ISEFニューズレター1号 (2015/7/14)
  プログラム(概要) 終了 プログラム(概要) 終了 ISEFニューズレター1号 増補版(2015/8/1)
フォーラム実行委員会(名簿)  終了  実行委員会・編集委員会(名簿)終了 ISEFニューズレター2号 (2015/12/20) New
意見:初等中等教育に一貫した情報学教育に向けて  情報学教育の8つの課題(まとめ)  冊子:情報教育論考 
 -  ソーシャルメディア社会の情報学教育(指針)   情報学教育論考 1号(2015/10/18)
-  先行募集1(全高情研の皆さま) 終了  情報学教育論考 2号(2016/2/1)
開催に際して 終了 先行募集2(高校関係者の皆様) 終了 情報教育検討会議
参加申込の方法 終了 一般募集(参加申込方法) 終了 2015/6/21(日) 終了  
  ご案内(第1報) 終了 ご案内(第1報) 終了 関係資料 ※P
  ご案内(第2報) 終了 ご案内(第2報) 情報教育検討会議 
情報教育の充実に向けて(第2版) 情報学教育の充実に向けて(第2版b) 【第1回】 2015/7/18(土) 終了
要旨(講演1 会場への入室について(資料1) 関係資料 ※P
要旨(講演2 配布資料1~4 【第2回】 2015/8/3(月) 終了
要旨(講演3 配布資料5 Ver.4 New 関係資料 ※P
配布資料(Ver.3) ※P 配布資料6
参加登録者の皆さまへ ※P 参加登録者の皆さまへ 関係学会と協議会
懇談会について ※P その他の資料 ※準備中 協賛 情報システム学会
第1回フォーラムのまとめ ※P 第2回フォーラムのまとめ ※準備中  情報学教育関連学会等協議会
情報教育研究会(SIG_ISE  教育情報推進研究会(SIG_EEP   滋賀大学 松原研究室MLab 
情報学教育研究会(SIG_ISE)  教育情報化推進研究会(SIG_EEP)   滋賀大学 松原研究室(MLab)
情報学教育研究2015    EEPニューズレター 協働学習支援環境
情報学教育研究2016 New      

   ※Pはパスワード1が必要です。 ※Lはパスワード2が必要です。※パスワード3が必要です。


お知らせ

 年.月.日 事項
 2015.10.23(金) 情報教育論考 第2号の原稿募集がアップされました。
 2015.10.18(日) 第2回情報教育フォーラム:開催されました。(早稲田大学にて)
 2015.10.18(日) 情報教育論考 第1号が発行されました。
 2015.10.12(月) 第2回情報教育フォーラム:配布資料1~4,配布資料5,配布資料6,などがアップされました。
 2015.10.8(木) 資料1_会場への入室について,をアップしました。
 2015.9.5(土) 情報教育論考 第1号の原稿募集がアップされました。
 2015.8.29(土) ご案内(第1報)をアップしました。
 2015.8.29(土) 一般募集(参加申込方法)をアップしました。
 2015.8.28(土) 先行募集1および先行募集2を終了しました。お申込みありがとうございました。
 2015.8.11(火) 先行募集2(高校関係者の皆様)をアップしました。
 2015.8.10(月) ソーシャルメディア社会の情報教育(指針)をアップしました。
 2015.8.10(月) 情報教育の8つの課題(まとめ)をアップしました。
 2015.8.4(火) 先行募集1(全高情研の皆さま)をアップしました。
 2015.8.3(月) 情報教育フォーラムのニューズレター(ISEF-Newsletter,第1号,増補版)を発行しました。
 2015.7.27(月) 第2回情報教育フォーラム:プログラム(概要)を発信しました。
 2015.7.18(土) 教育検討会議が開催されました。
 2015.7.14(火) 情報教育フォーラムのニューズレター(ISEF-Newsletter,第1号)を発行しました。
 2015.6.21(日) 情報教育検討会議(ワーキング会議)が開催されました。滋賀大学にて)
 2015.6.13(土) 情報教育検討会議(ワーキング会議)のご出席に際して,関係資料をアップしました。※パスワードが必要です。
 2015.6.10(水) 情報教育検討会議(ワーキング会議)の参加募集は,定員に達しましたので,受付を終了しました
 2015.6.1(月) 情報教育検討会議(ワーキング会議)の参加募集が始まりました。(滋賀大学にて) ※詳細は既に連絡済みです。
 2015.5.31(日) 第1回情報教育フォーラム:開催されました。(早稲田大学にて)
 2015.5.16(日) 第1回情報教育フォーラム:ご案内(第2報)を発信しました。
 2015.5.16(日) 第1回情報教育フォーラム:定員に達したため,募集期間内ですが,参加申込の受付を終了しました。
 2015.5.3(水) 第1回情報教育フォーラム:参加募集の受付を開始しました。 
 2015.4.28(火) 第1回情報教育フォーラム:ご案内(第1報)を発信しました。


 Information Studies Education Forum

©2015,2016,2017,2018,2019 SIG_ISE (Special Interest Group on Information Studies Education)